日帰り旅行に適した旅行先の条件

日帰り旅行をより楽しむ為の情報サイト

当然移動時間は短い方が良い

仕事の都合上、どうしても連続で休日を取ることが出来ず旅行になかなか行けないという方も多いと思います。
旅行はゆっくりしたいものという理由から日帰り旅行も敬遠されがちですが日帰り旅行には宿泊込みの旅行とは違った良さもあります。

何より宿泊費がかからないということで旅行費が比較的割安になることです。
宿泊費だけでも素泊まりであれば1泊5000円程度から、食事付きであれば1万円前後は最低でも必要となりますので浮いた分、食事やお土産に使うことが可能となります。

また、ツアーに参加することで一人で旅行に行くよりも値段は安くなりますしスケジュール管理がされている為、無駄のない行動が出来ます。
デメリットとしては多人数での行動となること、基本バス移動となる為、任意での休憩が出来ないなど無駄のない行動が出来る反面行動が一部規制されてしまいます。
それでも決められた目的地へ的確に向かうことで無理なスケジュールを組まなければならないということもないですしあらかじめスケジュールの把握が可能なので自分にあったツアーを選ぶことが可能です。

ツアーに参加する際は予算、行動範囲と拘束時間、およその帰宅時間を事前に把握した上で参加しましょう。
個人での旅行の場合でも効率良く回る為に予定をあらかじめ立てておきタイムスケジュールの管理をしっかりしましょう。
無理のないスケジュールであれば当然日帰りで行ける旅行先の候補は増えていきます。

タイムスケジュールの重要性

日帰り旅行をする上で目的地で観光する時間だけでなく目的地に辿り着くまでの時間もしっかり考慮しなければなりません。 移動時間が短ければ短い程、残った分を観光に回すことが出来るので移動時間が短いことは日帰り旅行をする際の必須条件と言えるでしょう。

時間の有効活用

日帰り旅行は時間との闘いです。 いかに移動時間を抑えて行動時間を確保するかという一点に限ります。 無理なスケジュール組みとならない為にもまずは旅行に行く目的をはっきりさせましょう。 その上で行き先を決めることで時間を有効に活用することが出来ます。

日帰り海外旅行

海外旅行といえば数泊するイメージが強いですが実は国内同様日帰りでの旅行も可能です。 近場の国に限った話にはなってしまいますが1日で国境を越えて旅をするというのもたまには良いものです。 具体的にどこの国なら日帰りで旅行に行けるのか見ていきましょう。

TOPへ戻る