ドッグ

甘えん坊なティーカッププードルにキュンキュン

ワンちゃんの臓器

動物病院

空前のペットブームによって犬や猫なども人間同様に家族として認識される世の中ですが、それゆえにペットの病気も心配の種となりえます。とくに犬の肝臓病は症状が出にくい上に原因も判別しにくいため、注意が必要な病気です。

Read More..

愛玩犬の代表

プードル

アメリカと日本では、小型で可愛らしいタイプのトイプードルが人気です。トイプードルを購入する場合、ペットショップかブリーダーを利用することになるでしょう。どちらから購入しても構いませんが、信頼できるかどうかしっかりチェックすることが大事です。

Read More..

小さくて可愛いと人気の犬

プードル

マンション向けの小型犬

ペット可のマンションであったとしても、大型犬は飼えないケースが多く、マンションで飼われている犬の多くが小型犬です。小型犬の中でも、その小ささから人気を集めている犬種の1つが、ティーカッププードルとなります。ティーカッププードルは、名前にティーカップとあることからもわかる通り、体が小さく、飼育するスペースを取らないのも特徴の1つです。そのため部屋が狭いマンションであったとしても、飼育がしやすくなっています。また体が小さいので、飼い主が抱っこする際も負担にならず、人懐っこい性格も人気を集める理由の1つです。人懐っこい一方で、放置されると拗ねてしまうこともあるので、できるだけこまめに遊んであげることを心がけましょう。

小さいので食事に注意

ティーカッププードルは、体が小さいため、食事の量が少ないのも特徴の1つです。少ない量を与えているつもりでも、いつの間にか与えすぎて、肥満になってしまうこともあるので体重に合わせた適正量を考えて与えるようにしましょう。またティーカッププードルは、基本的に少食のため、同じ食事ばかりだと飽きてしまう犬もいます。そこで、毎日の食事に少しずつ変化を加え、飽きない工夫をすることも大切です。体が小さいので、一般の犬と比較して、噛む力も強くありません。ドッグフードが硬くて食べられないようであれば、水などでふやかして与えるのも1つの手です。犬の様子や体調に合わせて、どのようなご飯が好きなのか見極めていくのも、飼い主の大切な仕事です。

短い鼻とバッド・イヤー

犬

フレンチブルドッグはコウモリが羽を広げたような耳と、がっしりとした体格を持つ犬種です。短い鼻にはしわがあり、そのしわには汚れがたまりやすいため注意が必要です。遊ぶことが大好きな犬種ですが、激しい運動は必要ありません。人懐こい性格で甘えることも大好きなため家庭犬としてもおすすめです。

Read More..